FC2ブログ

CES 2019:巻き取り式テレビから手伝いロボットまで、注目すべき27のガジェット

CES 2019:巻き取り式テレビから手伝いロボットまで、注目すべき27のガジェット

「CES 2019:巻き取り式テレビから手伝いロボットまで、注目すべき27のガジェット」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界最大級の家電見本市「CES 2019」が無事に閉幕した。新しい製品やテクノロジーに囲まれた4日間だったが、その中身はというと玉石混淆といえる。ニュースをフォローしている時間がなかった人のために『WIRED』UK版が、これだけは押さえておくべきというガジェットを選んでみた。もちろん、あの“スマートトイレ”も取り上げている。

折りたためるスマートフォン(Royole)

中国のRoyole(柔宇科技)は昨年11月、世界初の折りたたみ式スマートフォン「FlexPai」を発表した。未来のスマートフォンの開発でサムスン電子を打ち負かしたのだ。あれから2カ月、CESでこのスマートフォンの概要が明らかになっている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF ROYOLE

7.8インチのディスプレイは確かに完全に折ることができるのだが、かなりの厚みがあり、重さも320gとそれなりだ。チップはクアルコムの「Snapdragon 855」で、128GBモデルと256GBモデルが用意されている。市場投入するかどうかは決まっていないが、米国では開発者向けにそれぞれ1,318ドル(約14万3,000円)、1,469ドル(約15万9,000円)で販売する予定だ。

BELL Nexus(ベルヘリコプター)

ベルヘリコプターが開発する「Bell Nexus」は、都市交通の未来となり得る可能性を秘めている。「V-22 オスプレイ」などを手がける老舗の航空機メーカーは、Uberと組んで空飛ぶタクシーの実現に向けたプロジェクトに取り組んでいる。その最新の成果が、この5人乗りの電動垂直離着陸(eVTOL)機だ。

関連記事:空飛ぶタクシーが本当に現実に? 「Bell Nexus」が示した未来の都市交通

CESで展示されたのは実物大模型で試作機ではないが、6個のティルト型ローター(回転翼)をもつ機体の形状に加え、コックピットなども細かく観察できた。ベルは2020年代の実用化を目指しており、最高経営責任者(CEO)ミッチ・スナイダーは「交通の課題は水平方向に解決することができます」と話す。しかし、先はまだ長そうだ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF BELL HELICOPTER

Scallop Smartwatch 2(ケイト・スペード ニューヨーク)

フォッシルが第4世代のスマートウォッチのコラボレーション相手に選んだのは、ケイト・スペードだった。これまでにもマイケル・コースやエンポリオ・アルマーニといったブランドとコラボレーションしたが、ケイト・スペードモデルは女性らしさを前面に打ち出している。

PHOTOGRAPH COURTESY OF KATE SPADE

ブランドのトレードマークのスペードに加えてフリル模様をあしらい、色はゴールドがベースだ。またGPSを内蔵し、心拍センサーや日常防水、「Google Pay」への対応[編註:日本では未対応]と機能性も優れている。価格は295ドル(日本では税込4万2,000円)からで、1月下旬(日本では2月下旬)に発売する。

Vuse XR(HumanEyes Technologies)

「Vuse」シリーズの最新モデルは、1台で2Dの360度パノラマ撮影と3Dの180度ステレオ撮影が可能だ。静止画像の解像度は1,800万画素、動画の解像度は5.7Kと、クリエイターやプロシューマー向けの本格的な仕上がりになっている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF HUMANEYES TECHNOLOGIES

フレームレートは30fpsを実現した。専用の編集アプリはデスクトップ版「Vuze Studio」だけでなくモバイル版もあり、手ぶれ補正や視点の変更が手軽にできる。

XPS 13(デル)

Dellの人気ノートパソコン「XPS 13」の2019年モデルが登場した。現行モデルも十分に評価は高いが、新型ではフロントウェブカムが13.3インチのディスプレイの上に配置されている。これまでは画面下部にあったため、ビデオチャットなどで目線が下向きになってしまっていたのだ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DELL

CPUは「Whiskey Lake」のコードネームで知られるインテルの第8世代チップで、4KのDolby Visionに対応する。バッテリー駆動時間は最大で21時間となっている。

日産リーフ e+(日産自動車)

「日産リーフ」のハイパワー版は、62kWhのバッテリーのおかげで走行可能距離は米国基準で150マイル(241km)から226マイル(364km)に伸びた[編註:日本ではWLTCモードで458km、JC08モードで570km]。これはテスラの「モデル3」に並ぶ水準だ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF NISSAN

最高出力は160kWで、最高時速も通常モデルを10パーセント上回っている。運転支援システム「プロパイロット」を搭載し、8インチのタッチスクリーンのおかげでナビゲーションなどもクリアで見やすい。

iTunes対応のテレビ(サムスン電子)

スマートフォン販売の頭打ち傾向が鮮明になるなかで、アップルはサーヴィス事業に比重を移す戦略を進める。そこで実現したのが、サムスンのテレビの「iTunes」対応という連携だ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SAMSUNG

アップルは一般的に自社プラットフォームを他メーカーのデヴァイスに提供することに消極的で、今回の動きも驚きをもって迎えられた。しかし「Apple TV」の不振を考えれば、仕方のない決断だったのかもしれない。ということで、サムスンの製品を買えば、iTunesのコンテンツもテレビで楽しめるようになる。

お仕事ロボット(サムスン電子)

その仕事はロボットがやってくれるかもしれない。昨年はLGがウェアラブルロボット「CLOi」シリーズを発表したが、今年はサムスンが3体のロボットを披露している。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SAMSUNG

なかでも注目すべきは、医療補助を目的とした「Bot Care」。血圧や心拍数の測定をこなすほか、呼吸の状態の確認や睡眠の見守りもできる。

なお、「Bot Air」には、空気の状態のモニタリングと空気清浄の機能がついている。「Bot Retail」は買い物のサポートを頼めるという。

グラスサウンドスピーカー(ソニー)

ソニーは2016年に、スマートスピーカー嫌いの人のためのスマートスピーカーを開発してみせた。2代目となる「LSPX-S2」も、初代と同様に優雅なラインのボディとガラス管のツィーターを備える。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SONY

Bluetooth接続やソニーのマルチルーム再生システムはもちろん、「Spotify Connect」にも対応しており、接続性はかなり優れている。まずは欧州市場に投入する予定で、価格は600ユーロ(約7万5,000円)だ[編註:米国や日本での発売は未定]。

アイトラッキング機能搭載のVRヘッドセット(HTC)

HTCは仮想現実(VR)のヘッドセットを出してきた。「Vive」シリーズの最新モデル「VIve Pro Eye」は、アイトラッキング機能を標準搭載する。これによって目で見ている部分を中心に画像処理できるようになるため、コンピューターの処理能力が少なくて済み、パフォーマンスが向上するという。発売は第2四半期(4~6月)を見込む。

PHOTOGRAPH COURTESY OF HTC

もうひとつの「Vivi Cosmos」も革新的だ。ベースステーションが不要になり、VRヘッドセット単体でさまざまなデヴァイスと接続できる。興味深いことに、HTCはCosmosがPCではなくモバイル環境にも対応していることを強調していた。これまでのViveシリーズのヘッドセットと、「Oculus Go」のようなスタンドアローン型との中間に位置するプロダクトを目指すというわけだ。

LG Signature OLED TV R(LGエレクトロニクス)

巻き取り収納のできる有機ELテレビが登場するという噂は、嘘ではなかった。65インチの「LG Signature OLED TV R」は、ボタンを押すだけでスタンドからテレビ画面がせり出してくる。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LG ELECTRONICS

この製品には、「Full View」「Line View」「Zero View」という3つの表示オプションがある。Full Viewは全画面表示で、Line Viewでは画面の一部だけを上に出して、時計や天気予報などを表示させておくことができる。

Zero Viewを選ぶとテレビはスタンドの中に巻き取られて完全に見えなくなるが、この場合でもオーディオプレーヤーとして使うことはできる。さらにアマゾンの音声アシスタント「Alexa」に対応するほか、アップルのストリーミングシステム「AirPlay 2」とスマート家電のフレームワーク「HomeKit」にも対応する。

75インチのマイクロLEDテレビ(サムスン電子)

昨年のCESには、「The Wall」という146インチの巨大なマイクロLEDテレビが登場した。今年は75インチで4K対応という、もう少し“手ごろ”なサイズがあることが明らかになった(それでも、かなり大きいことに変わりはない)。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SAMSUNG

サムスンは自社のQLED(量子ドットを採用したLED)技術をテレビの未来に位置づけるべく、マーケティングを続けている。マイクロLEDはバックライトがいらないため超薄型で、有機ELと同じように漆黒を再現でき、色域も広い。

明るさも十分で、有機ELのような経年劣化も起きないなら、これ以上は言うことがないだろう。発売時期や価格といった詳細は明らかにされていないが、ひとつだけ確かなのは、とんでもない値段になるということだ。

ワイヤレスのターンテーブル(ソニー)

LPブームの再燃が続くなか、今度はBluetooth対応のターンテーブルが現れた。ソニーの「PS-LX310BT」を使えば、ワイヤレススピーカーやヘッドフォンからレコードの音を出せるようになる。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SONY

USB端子とスピーカー端子もついているため、これまでのようにケーブルを使って出力することも可能だ。再生が終わるとトーンアームが自動で戻るようになっているほか、フォノイコライザーも内蔵している。

スマートトイレ(コーラー)

トイレもコネクテッドの時代になったようだ。水回り製品で知られるコーラーの「Konnect」シリーズのトイレ「Numi 2.0」は、温水洗浄や便座を温める機能はもちろん、アマゾンのAlexaにも対応している。ということは当然、スピーカーが付いているし、それに加えて色の変わるライトも内蔵する。

PHOTOGRAPH COURTESY OF KOHLER

スマートトイレほどのインパクトはないが、音声で照明を操作できる「Verdera」という浴室用の鏡もある。こちらはAlexaと「Googleアシスタント」のどちらかを選べるという。

パン焼きロボット(Wilkinson Baking Company)

一般家庭の台所には収まりそうもないが、6分ごとに食パン1斤を焼く必要のある人には朗報だ。Wilkinson Baking Companyの「BreadBot」はスーパーマーケット向けの製品で、店内でのパン焼きをほぼ自動化できる。

PHOTOGRAPH COURTESY OF WILKINSON BAKING COMPANY

顧客は新鮮なパンに大喜びすることだろう。また、必要な量だけを焼くことができるので、食品ロスの削減にもつながる。

CineBeam Laser 4K(LG電子)

LGの超単焦点レーザープロジェクターは、壁から2インチ(約5cm)離すだけで90インチの迫力映像を投影できる。7インチ(約18cm)離せば120インチの大画面が現れるのだ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LG ELECTRONICS

輝度は2,500ルーメンで、モーション操作「Magic Remote」と音声操作「ThinQ」にも対応する。発売時期と価格は未発表だ。

CLOi SuitBot(LG電子)

次はウェアラブルのロボットを紹介しよう。LGが韓国のSG Roboticsと共同開発した「CLOi SuitBot」は、産業向けのパワーアシスト装置だ。腰だけでなく両足にも補助が付くようになっており、歩行時や重いものを持ち上げる際などに動きをサポートする。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LG ELECTRONICS

これによって体にかかる負担を軽減し、作業現場でのケガを防止できる。なお、LGは昨年のCESでも「PorterBot」と「ServerBot」というCLOiシリーズのロボットを発表したが、こちらは商業化に向けた準備が順調に進んでいるという。

Move ECG(Withings)

「Apple Watch Series 4」に続いて、Withingsのスマートウォッチにも心電図(ECG)機能が追加された。アナログの文字盤にトラッキング機能などを備えるこのハイブリッド型活動量計は、心房細動(AF)と呼ばれる心拍異常の発見に役立つほか、動悸を感じたときなどはその場で心拍数を計測することもできる。

PHOTOGRAPH COURTESY OF WITHINGS

歩数や階段の昇り降りのトラッキングのほか、水深50mまでの防水機能もあるので、水泳中の利用も可能だ。さらに驚くべきことに、バッテリー寿命はなんと最大で12カ月だという。発売は今春を予定するが、その前に米食品医薬局(FDA)から承認を得る必要がある。

スマートインターホン(Netatmo)

スマートホーム関連の製品を手がけるNetatmoからは、アップルのHomeKit対応のカメラ付きインターホンが登場した。スペックは競合製品とほぼ同じで、視野160度の広角カメラ、赤外線によるナイトヴィジョン、顔検知機能などを搭載する。

PHOTOGRAPH COURTESY OF NETATMO

アップルの「Home」アプリからは解像度1080pのHD画像を確認できるほか、オプションでmicroSDメモリーカードやDropboxに保存することもできる。市場投入は今年前半になる見通しだ。

PowerWatch 2(Matrix)

充電不要のスマートウォッチが欲しいなら、「PowerWatch」の最新モデルがおすすめだ。このスマートウォッチは、熱電効果を利用した体温充電と、ベゼル周りにある太陽電池から得られた電力だけで駆動する。

PHOTOGRAPH COURTESY OF MATRIX

サードパーティーのアプリは使えないが、GPS、心拍モニタリング、活動量計といったスマートウォッチに求められる機能は、ひと通り揃っているので問題はないだろう。6月から出荷予定で、価格は499ドル(約5万4,000円)だが、いまなら「Indiegogo」のサイトで199ドル(約2万2,000円)で事前予約できる。

有機ELテレビ「GZ2000」(パナソニック)

パナソニックの4K有機ELテレビは、色では妥協を許さない。ハリウッドのカラリストであるステファン・ソネンフェルドが開発に協力し、「世界で最もシネマティックなテレビ」が誕生した。

PHOTOGRAPH COURTESY OF PANASONIC

HDR10+とDolby Visionに加え、動画と静止画の両方でHLG(ハイブリッドログガンマ)をサポートする。サウンド面ではDolby Atomosに対応したほか、AlexaとGoogleアシスタントで音声操作が可能だ。

Alexa搭載ヘッドフォン(ソニー)

ソニーの「WH-1000XM3」がAlexaに対応することになった。ノイズキャンセリング機能付きのこのヘッドホンは、『WIRED』UK版の2018年おすすめワイヤレスヘッドフォンにも選ばれている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SONY

すでにGoogleアシスタントには対応していたが、Alexaを使えるようになったことで、ボタンを押すだけで音声で検索や操作ができるようになる。しかも、ファームウェアのアップデートで対応するため、新モデルを買い直す必要はない。

一瞬でお湯が沸く電気ケトル(Heatworks)

シンプルなデザインの「Duo Carafe」は、一度知るとどうしても欲しくなってしまうガジェットのひとつだ。この水差しの特徴は「Ohmic Array」と呼ばれる技術を採用し、グラファイト製の電極を使って蓋の部分で湯を沸かしている。つまり、コップに注ぐ瞬間に水がお湯になるのだ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF HEATWORKS

通常の電気ケトルのように、中にある水をすべて沸かして湯にするわけではない。このため省エネで、内蔵バッテリーで駆動する仕組みになっている。

湯と水で注ぎ口が分かれており、湯は1度単位で熱さを調節できる。このため、アフタヌーンティーを楽しむにはもってこいだ。年内には発売予定で、価格は200ドル(約2万2,000円)を下回るという。

ROG Mothership(ASUS)

ASUSの「ROG Mothership(GZ700)」は2-in-1型のゲーム専用機だ。Bluetooth接続のキーボードを切り離すと、キックスタンドの付いたスクリーン部分は自立するようになっている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF ASUS

要するにマイクロソフトの「Surface Pro」と同じつくりなのだが、違いは大きさだ。Mothershipは17.3インチのスクリーンにNVIDIAの映像同期技術「G-Sync」を採用し、リフレッシュレートは144Hz、応答速度は3msを実現した。

グラフィックボードは「GeForce RTX 20」シリーズの最新版「2080」で、CPUはインテルの「Core i9-8950HK」を搭載する。メモリーはDDRM4の64GBだ。マイクロソフトの顔認証システム「Windows Hello」にも対応している。

ちなみに、キーボードは真ん中でふたつに折って省スペースで使うことができる。3月までの発売を予定する。

Roav Bolt(Anker)

モバイルバッテリーで有名なAnkerのカーチャージャー「Roav」が、Googleアシスタント対応になった。USBのタイプAが2つあり、シガーソケットに差し込むとデヴァイスの充電ができるほか、Bluetooth 5.0に対応している。

PHOTOGRAPH COURTESY OF ANKER

49.99ドル(約5,400円)で先行予約を受付中で、4月からの出荷を予定する。Alexaユーザーなら、昨年発売された「Roav Vivo」か、本家の「Echo Auto」を使ってほしい。

Notebook Odyssey(サムスン電子)

サムスンのゲーム用ノートブック「Odyssey」の2019年モデルが登場した。グラフィックボードはNVIDIAの最新「GeForce RTX 2080」を搭載し、「バトルフィールドV」のようなゲームでリアルタイムでのレイトレーシングが可能になっている。

PHOTOGRAPH COURTESY OF SAMSUNG

15.6インチのディスプレイの解像度は1080pと4Kには適さないが、リフレッシュレートは144Hzだ。ただ、外部ポートはUSB3.0が3つあるほか、USB-C、HDMI、Ethernetと必要なものは揃っている。ヒンジのデザインもクールだ。

洗濯物たたみロボット(FoldiMate)

最後は洗濯物たたみロボットだ。この分野では過去にも「ランドロイド」なる全自動衣類折りたたみ機があるし、昨年のCESでも「Foldimate」の初代モデルが話題になった。しかし、どちらもあまり現実的には見えなかった。

PHOTOGRAPH COURTESY OF FOLDIMATE

ただ、Foldimateはアップデート版が出てきており、こちらはTシャツを入れると5秒ほどできれいに畳んでくれる。このスピードなら、洗濯したものをすべて任せても5分もあれば終わりそうだ。

シャツやズボン、タオルといったものは問題ないが、ベビー服やベッドシーツのようにサイズが極端に小さいか大きいと、扱うことができない。発売時期は未定だが、価格は1,000ドル(約11万円)以下を予定しているという。

『WIRED』が見た「CES 2019」

今年の見どころ:曲がるディスプレイから8Kテレビ、5Gまで──注目される8つの技術幕を開ける「XR」の時代「本物の5G」の時代は、まだすぐには訪れないインテルの3Dチップは、「3つの奇跡」を乗り越えて実用化に向かうGoogleアシスタントが、あなたの「通訳」になる日がやってきたハーレーの電動バイクからは、エンジン音の代わりに「新しい音」が聞こえてくる(動画あり)ヒュンダイの「歩くクルマ」は、走行のメカニズムを“再発明”する(動画あり)空飛ぶタクシーが本当に現実に? 「Bell Nexus」が示した未来の都市交通サムスンのテレビが「iTunes」対応に。アップルとの“和解”に動いた理由サムスンの新型モニターが、机上の空間を“解放”する。




2019年の好スタートを切るためにこの情報は欠かせない!!




収入UPを目指すための扉を開くことのできる特別な
『2つの鍵』ががもらえる!


あなたは毎月のお給料とは別に、副業収入で好きなフランス料理
を毎月ごちそうになりたくありませんか?

あるいは好きな旅行でも、財布を気にすることなく、
毎月気分をリフレッシュして、非日常空間を楽しみませんか?

これからの社会は、AIやロボットは当たり前、第四次産業革命
は進行中です。

そんな時代でも、スキマ時間にPCを動かすだけで

十分すてきな生活を送れるんですね!


これを知っていると、知っていないとでは、大きな格差、
好きな言葉ではないですが、貧富の差が生まれるのは必至・・・・・


でも僕には秘密の情報があります。



無料webセミナーを視聴するだけである情報がもらえます。

その秘密の情報はこちらから
☟ ☟ ☟ ☟ ☟
(無料です)

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

netchance1

Author:netchance1
ブログご訪問ありがとうございます。
テニス好きが高じて、コートの隣に家を建てるほどの、自称「テニキチ」です。
錦織選手の追っかけで、国内はもとよりロンドン、パリまで応援に行ってきました。

最近は、応援旅費の足しにしようとネット起業を目指し、仮想通貨のアービトラージ、バイナリー・オプション他で確かな手ごたえを感じています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
メールフォーム
お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6
line
フリーエリア
この人なら騙されていい? 私は最近、初めて 本気で信じられる人に出会いました。 本人が出演しますので、詐欺師かどうか確かめるだけでもいいかも! ↓↓↓↓↓ https://bit.ly/2JqZsQ6 堀江貴文のブログでは言えない話 N希望のおっさんの風俗体験ブログのブロマガ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line